【お試し】2ℓ培養キット×2セット | (株)Ciamo

【寒い時期での培養について】
くまレッド(光合成細菌)の培養の最適温度は25℃~35℃程度です。 暖かい時期は、簡単に培養が可能ですが、寒い時期は野外での培養が難しくなります。寒い時期の培養は白熱電球や植物用LEDパネルを活用して培養されるか、 保温性の高いビニールハウス内で、太陽光の当たる場所での培養をお願いしています。

1/6

【お試し】2ℓ培養キット×2セット

¥1,100 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

【気温の上昇に注意!培養がうまくいかない原因になります】
45℃~50℃を超えると光合成細菌が弱くなってくる可能性があります、気温が高すぎる場合は昼間の直射日光は避け、半日陰の場所で培養してみてください。また、コンクリートよりも芝生のような場所(温度が上がりにくいため)がおすすめです。

熊本県 人吉球磨(ひとよしくま)地方の名産品「球磨焼酎」を製造する過程で生じる焼酎粕を使い、農作物の栄養となる微生物「光合成細菌」を安価に培養しました。
微生物を活用し、環境に優しい形で農業を支えます。

はじめて購入される方はこちらをご覧ください
・培養方法:https://ciamo.official.ec/p/00003
・散布方法:https://ciamo.official.ec/p/00007
・よくある質問:https://ciamo.official.ec/p/00001
・お客様の声:https://ciamo.official.ec/p/00006

*寒い時期での培養について*
くまレッド(光合成細菌)は、暖かい気候の時期では、簡単に培養が可能ですが
冬場では、野外での培養が難しくなります。
培養の最適温度は30℃~35℃程度で、寒い時期の培養はLEDライトパネルを購入いただいて培養されるか、暖かいビニールハウス内で太陽光の当たるところで培養をお願いしています。
※本商品「培養キット」は有機JAS認定取得商品ではございません。
 有機JAS認定商品:https://ciamo.official.ec/items/54366376

【名称】くまレッドのエサ(焼酎粕培地)
くまレッド(光合成細菌)

【容量】光合成細菌 50cc ×2 焼酎粕培地 20cc ×2
    
球磨焼酎粕由来の培地(茶色)と光合成細菌(赤色)を混ぜることで、合計2ℓ分の光合成細菌が作れます。そちらを2セット分の商品になります。

【発送方法】
レターパックライト(郵便受けへお届けします)
※購入数が多い場合は、配送方法が異なります。

【培養する時に用意するもの】

・培養キット(光合成細菌50cc・焼酎粕培養液20cc)
・水1.9ℓ
・空の2ℓペットボトル(清潔なもの)

【作り方】

光合成細菌(種菌)と焼酎粕培養液を混ぜることで、合計2ℓ分の光合成細菌が作れます。
①水を2ℓのペットボトルの半分まで入れる。
②焼酎粕培養液を加えて、混ぜ合わせる。
③光合成細菌を加えて、混ぜ合わせる。
④2ℓのペットボトルの上部まで水を加える。
⑤2週間程度、日光の当たる暖かい場所で培養する。
※注意点/35℃程度が培養に最適な温度です。
⑥赤色になったら、完成!

【保存方法】
・直射日光を避け、5℃〜10℃の低温(冷蔵庫等)に保存してください。
・冷蔵庫にて光合成細菌は6ヶ月、エサは1年間保管ができます。

【メルマガ配信について】
時期ごとの培養で気をつける点や、くまレッドの利用者さんの声、実施している実証試験の結果等をメルマガでは配信させていただいてます。

【使用上の注意】
・菌と培養液を直接混ぜないでください。
・光合成細菌特有の臭いがしますが、商品には問題ございません。商品の開封は風通しの良いところで行ってください。
・飲み物ではありません。
・子どもの手の届かないところで保管してください。

※本品は農業用の光合成細菌となります。
※本品を培養し、無許可で販売することは禁止いたします。

商品をアプリでお気に入り

【光合成細菌】培養手順

くまレッドが生まれたわけ

  • レビュー

    (15)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,100 税込

同じカテゴリの商品