【数量限定】堆肥づくり&流し込み専用光合成細菌20ℓ | (株)Ciamo

【寒い時期での培養について】
くまレッド(光合成細菌)の培養の最適温度は25℃~35℃程度です。 暖かい時期は、簡単に培養が可能ですが、寒い時期は野外での培養が難しくなります。寒い時期の培養は白熱電球や植物用LEDパネルを活用して培養されるか、 保温性の高いビニールハウス内で、太陽光の当たる場所での培養をお願いしています。

1/2

【数量限定】堆肥づくり&流し込み専用光合成細菌20ℓ

¥3,500 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

光合成細菌のエサとして使用された焼酎粕の固形分が含まれています。
焼酎粕と光合成細菌をたっぷりと含んだ(10億個/1cc)微生物資材です。
光合成細菌は1ccあたり10億個含まれています。良質な堆肥づくりや稲作、レンコン、い草の栽培でご使用することをおすすめいたします。

※要注意!!
灌水チューブでの使用は目詰まりを起こしますので、絶対に使用しないでください。
【光合成細菌の効果】
・稲作の硫化水素害防止に水田稲作の根腐れ防止、ガス沸き防止
・肥料の削減  (窒素固定を行うため、追肥を減らせます)
・食味の向上
・増収効果  (根張りがよくなり腐れにくくなることで強く育ちます)

※培養を目的に使われる方は、本商品ではなく
こちらのくまレッド(光合成細菌)500ccをご購入ください。
https://ciamo.official.ec/items/13130421

【光合成細菌とは?】
・赤色をしているので赤菌とも呼ばれます。
・一般的に病原性は無く安全な菌です。
・酸素があっても無くても増殖します。
・菌体にビタミン類・アミノ酸を多く含みます
 (栄養価が高い)
・悪臭物質(アンモニア・硫化水素)を分解します。
・窒素固定を行います。

【名称】くまレッド(焼酎粕入り光合成細菌)
【容量】光合成細菌 20ℓ

【稲作、レンコン、い草での使用方法】
水口から光合成細菌を10ℓ/10a(時期を分けて2回)流し込んでください。
稲作の場合:田植え後1週間後と幼穂形成期

【堆肥づくりでの使用方法】
焼酎粕入り光合成細菌の原液を未熟堆肥の発酵分解に、堆肥1トンに対して20ℓの光合成細菌を使用してください。堆肥の切り返しを行うとより分解が促進されます。

【保存について】
購入後は冷蔵庫等の10℃以下の状態で保存してください。
保存目安: 光合成細菌 半年 
(培養後の保存は直射日光を避け、倉庫のような冷暗所での保存をお願いします)

【使用上の注意】
・光合成細菌のエサとして使用された焼酎粕の固形分が浮遊しています。
・飲み物ではありません。
・子どもの手の届かないところで保管してください。

細かい注意点や使用方法は資料を添付して発送いたします。

※本商品を培養し、無許可で販売することは禁止いたします。
※本品は農業用の光合成細菌となります。水産業、養殖用で使用する場合は個別に以下のメールアドレスまたは電話番号にてお問い合わせくださいませ。
メールアドレス:info@ciamo.co.jp
電話番号:096-359-3302

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (15)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥3,500 税込

同じカテゴリの商品